基調講演者オルガ・トゥルヒーヨさんの著作、翻訳出版決定!

大正大学・伊藤淑子先生と国書刊行会さんのご尽力により、
シェルターシンポジウムに合わせて、
基調講演者であるオルガ・トゥルヒーヨさんの著作が、
翻訳出版されることが決定いたしました!!

当日も書籍の販売を計画中ですが、
詳細は本日より国書刊行会ホームページアマゾンでご覧いただけます。
ぜひご購入いただき、シンポジウムの内容をさらに深めていただけいただければと思います!


「DV防止などの社会活動に取り組む弁護士でもある著者が、その実体験を交えて、自己回復までの道のりと、社会全体の取り組みをわかりやすい内容で説明し、レイプなどの性暴力被害者が示す典型的な解離反応に関しても深い示唆を与えてくれる。トラウマのサバイバー、支援者、性暴力や虐待問題に関心を持つすべての人の心に届く本であり、生きづらさを覚える万人のための応援歌となる一冊でもある。」(国書刊行会ウェブサイトより)